コンシャス

(笑)でとどけるマジメなウェブマガジン(仮)

酒の肴にこの一枚

【過去記事(2004年1月掲載)】KID A / RADIOHEAD – 4/4 –

『キッド・エー』(Kid A)

イギリスのロックバンド、レディオヘッドのスタジオ・アルバム。

大々的なシングルやPVの制作を行わなかったにもかかわらず、イギリスでは発売1週間で30万枚以上を売り上げ、アメリカでもアルバムチャートで1位を獲得、日本でもアルバムチャートで3位に入るなど成功を収め、世界中で400万枚以上を売り上げた。(Wikipediaより)

M10「MOTION PICTURE SOUNDTRACK」

最後にこの曲やな。

シークレットトラックを省くと、最後の曲。

元yetのJ君が「この曲を聴いたら、放課後を思い出す」って言うてたけど、ほんまにそんな感じ。「IN LINBO」から「IDIOTIQUE」とちょっと冷たい印象の曲が続いて、「MORNING BELL」で癒されかけて、最後にこれ。俺、この曲はほんまに好きやわ。

なんかホロッとくるよな。「あー、もうすべての感情を預けていいんやな」って。

この曲は、「密閉された優しさ」って言うんかな。逆に、この後のシークレットトラックは解放される感じ。こっちはしっとりと、自分が今までいた場所で聴いてる音っていうか、そんな感じ。ちょうどこの少し後に出たビョークの『ヴェスパタイン』の質感に似てる感じがする。

なるほど。

ビョークは、もう少し寂しい音なんやけど。これはもっと素朴な音が鳴ってる。

うん、凄い牧歌的っていうか、フォーキーな感じ。

普通こういう音を使うと、もっと仰々しくなるんよ。

この「キラキラキラキラ……」(TIME1:39〜)か。

そうそう。トムが好きじゃないことで有名な「レット・ダウン」は、そういう意味ではすこし仰々しいっていうは分かる。

うん、そうやな。

いかにも盛り上げました! っていう感じ。

俗っぽいっていうか、ね。

そうそう、そういうのは多分トムヨークは嫌いなんよ。この曲、短いのがいいよな。「もうちょっと聴きたい」って言うところで終わるのが、余計に切なさを誘うっていうか。

そうそう。

なんか、キュン!! ってするんよな。

うん。すごいキュン!! ってする。

なんか、すごい素人みたいなこと言ってるよな、俺ら(笑)。最初はある程度、専門的なこと言ってたのに、だんだん素人みたいなこと言って、挙げ句の果てには2人で「キュン!! ってする」とか言ってるから(笑)

『キッド・エー』で、いいお酒が飲めました!

このアルバムが出た時に、評論家たちが、「起承転結がどうだ」とか、「最後のシークレットトラックがどうだ」とか、なんだかんだと言ってたけども、単純に流れがよくできとるわ。マジで。難しいことを抜きにして、スッと入ってきてそのまま頭をグルグル回って、最後に胸に留まるっていう感じ。頭で聴く音楽じゃないと思うで。もっと深いところ。体を動かして聴くって感じでもないし。

小難しく捉えなくていいのに、メディアの人達はそういう風に扱った。「こういう系譜で連なってきましたよ」って言いながら難しい音源を出してさ。ちなみに俺、『キッド・エー』をどう語るかで、その評論家を評価できるっていう持論があるんやけど。

うん、分かるよ。『キッド・エー』を必要以上に難しく捉えてる評論家は実際に多いしな。「いやいや、そんなことないやろ」と。それってロックっていうモノを短いスパンでしか見れない人間の発言やと俺は思うんやけどな。これくらいの変化でアーダコーダと騒いでるようなやつら、もっと長いスパンでモノを見て書け、と。

うん。まあ俺と耕輔はいつも言うてるけど、みんなどうしても『OKコンピュータ』から『キッド・エー』への変化にばかりフォーカスするけど、実はそこはそれほどじゃない。一番大きな変化は、絶対に『パブロ・ハニー』から『ベンズ』。なぜあそこにフォーカスしないのか。

そう、そこ。全然ちがうからな。あそこまでみんながワイワイ騒いだのは、単純に『キッド・エー』がすごすぎて、最適な言葉が出てこなかったってことちゃうか。だから「とりあえず難しいことやってます」って言ったらいいっていう風になってたってことちゃうん。

もっと地に足を付けて、普通に話したらええのにって思うんよ。

変に仰々しい発言が多いよね。

まあこのアルバムが出たことによって、今後バンドは厳しいよ。いろんな面で。

厳しいと思うな。

だって完璧やもん(笑)

逆に「この完璧さがちょっと無理」っていう人がいてもいいと思う。やっぱり、もっとぶっ飛んだことをして、もっと自己主張もして、「それが人間や」って思う人がいてもいいし。

あとさ、例えば山崎洋一郎にしても、田中宗一郎にしても、トム・ヨークと直接あって話ができる立場にいるやん? だから、音に入っている感情にフォーカスせずに、実際にトム・ヨークの口からでた言葉にフォーカスしすぎている部分が多いんよ。特に『キッド・エー』なんか、音に感情がにじみ出まくってるのに。その点、俺らはトム・ヨークにインタビューなんかできないし、知り合いじゃないし、音に込められた感情にフォーカスせざるを得ない。

そうやな。人間性とかより、純粋に音楽を聴いたうえでの感想っていうか。

そうそう。

そういうことを言えるからな。

だからこのコーナーではそういう所をやっていかなあかんね。

うん。素直に俺らがリスナーとして感じたことを、これからもツラツラとしゃべっていけりゃいいと、そういうことですね。

酒の肴にこの一枚